生賴範義画集 〈SAKYO〉 生賴範義 画 / 小松左京 原作

商品詳細

日本SF&戦後日本を代表する作家・小松左京作品へのイラストを中心に編纂した限定300部生産の大型特装画集が刊行!!


2015年に逝去した、昭和を代表するイラストレーター・生賴範義。

60年代に児童向け雑誌などで活躍したのち、70年代にはSF関連のイラストで、特徴でもある濃密な画風により市場を席捲します。

80年代以降、『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』のポスターで世界中に知られることとなり、1984年のゴジラ誕生40周年作品『ゴジラ』以降の同作シリーズ・ポスターを長らく担当。

さらに90年代には、『信長の野望』シリーズをはじめとするゲームイラストにより広くその名が一般に知られることになります。

そんな生賴の画業を大きく分類すると、平井和正作品と小松左京作品がその二大潮流とも言えます。

登場キャラクターの情感を中心に大河ロマンを語る平井和正、科学と論理を基盤とする壮大なスケールの長短編を量産した小松左京---。

まったくタイプが異なる2人の作家へのイラストを生賴範義は手掛けてきました。


復刊ドットコムでは、まず平井和正の代表作を分類し、『幻魔大戦』のカラーイラストを集約した『生賴範義画集 〈幻魔〉』(2019年11月刊)と、『ウルフガイ』や『死霊狩り(ゾンビ―ハンター)』などを盛り込んだ『生賴範義画集〈狼男達〉』(2020年1月刊)を、A3判の特装版画集として刊行いたしました。

そして今回、満を持して、小松左京作品の書影を飾ったイラストのみで編んだ第3弾・特装版画集〈SAKYO〉を発売いたします。


“電子頭脳つきブルドーザー”の異名をとり、日本SF界の巨匠でもあった小松左京。

2019年夏、NHKの「100分 de 名著」でも特集され、本年のコロナ禍においては、世界中が謎の病原体に侵される『復活の日』(世界公開された映画の英題は『Virus』)の原作者として新たに注目を集め、同小説の文庫が再び話題にもあがっています。

1931~2011年の80年の生涯において、無数の傑作小説を描き続け、未来学を提唱し、1970年の大阪万博ではプロデューサーをつとめ、作家デビュー前には漫画を描き、漫才台本をも書いた戦後日本を代表する小説家の一人です。

生賴範義は、1972年の『継ぐのは誰か?』『復活の日』(日本SFノヴェルズ)から始まり、早川書房での書籍&文庫、映画化もされた『復活の日』の角川文庫群などで、小松作品に対し、長期にわたり多量のイラストを描き続けました。


今回の『生賴範義画集 〈SAKYO〉』では、最初期となる1972年の作品から2008年に描かれた小松の肖像画までを含む、36年の間に描かれたカラーイラスト63点、モノクロイラスト2点--- 計65点のイラストレーションを、A3判、72ページ、化粧函(および輸送箱)付き、180度展開可能なコデックス装丁、限定300部生産という豪華仕様で刊行しました。

日本を代表する想像力=イマジネーションの一覧をご堪能ください。


サイズ

A3(函入)・72頁