生賴範義画集 〈狼男達〉 生賴範義 画 / 平井和正 原作

商品詳細

生賴範義と平井和正による迫力の画集企画第2弾!

「幻魔大戦」以外、「ウルフガイ」シリーズを中心とした初版限定300部の特装本!!


2015年、奇しくも、ふたつの巨星が永眠いたしました。

1月17日には平井和正が、10月27日に生賴賴義が--- 享年はそれぞれ76と79。

忘れられぬ個性のクリエイターとして、その作品は、いまなお私たちの記憶に刻まれています。

先行して2019年11月に刊行する画集『生賴範義画集〈幻魔〉』は、この2人がコンビを組み、最多のイラストを完成させた『幻魔大戦』のカラーイラストを中心に編纂したものですが、本書は『幻魔大戦』以外の2人のコンビ作品から編んだ特装本画集企画の第2弾となります。


平井&生賴のコンビと言えば、まずはなによりも『ウルフガイ』という方も多いのではないでしょうか。

「ウルフガイ」シリーズは幾度かに及ぶ開始時期があります。

一番初めは講談社から刊行されていた「週刊ぼくらマガジン」への漫画原作として(*この時の作画は坂口尚が担当)1970年に始まった、後に「ヤングウルフガイ」と記された少年・犬神明の物語。

同誌の休刊により漫画自体は1971年に中断しましたが、1971年に、長年の盟友であった編集者・森優(筆名・南山宏=後の雑誌「ムー」創刊の立役者)が、早川書房で「SFマガジン」の編集長に就任し「ハヤカワSF文庫」を立ち上げたことで、小説『狼の紋章』『狼の怨歌』が文庫としてそれぞれ刊行になりました。

それによって生賴範義がシリーズ担当のイラストレーターとして固定化しました。さらに、いったんは立風書房(現・学研プラス)で刊行されたもののトラブルによって中断されていた、ルポライター・犬神明の活躍を描いた『狼男だよ』、いわゆる「アダルトウルフガイ」もハヤカワSF文庫でシリーズ化になります。

森優が早川書房を退社してからは祥伝社・ノンノベルズに移ったものの、シリーズは巻を、部数を重ねていきます。

生賴範義、平井和正の2人が関わった作品としては、最長期間におよぶ、まさに“代表作”と言って過言ではないでしょう。


ほかにも、漫画『デスハンター』(作画は桑田次郎)を小説化した『死霊狩り(ゾンビ―・ハンター)』『8(エイト)マン』(作画・桑田次郎)のテーマ性を引き継いだ『サイボーグ・ブルース』…をはじめ、ほか各種短編集や単独長編などでも、平井作品の書影を彩ってきました。

本企画では、1983年に発売された『生賴範義イラストレーション II 幻魔世界』(徳間書店刊)はもちろんのこと、同書を増補した電子書籍版(KADOKAWA刊 2016年/Kindle)発売時点では所在不明で未収録だったイラストも追加収録が決定。

原画サイズに近い、特大A3サイズに印刷された初めての豪華画集として、その情感あふれる細部のタッチ、内圧の高い全体像をじっくりとお楽しみ頂けるものになっています。


日本のSF的想像力を海外にまで伝え、第36回日本SF大賞功績賞受賞した生賴イラストが、これまでにない大迫力で、あなたのお手元に届きます。

『生賴範義画集〈幻魔〉』に引き続き、今回も初回限定生産での発売となります。

幾年か経って「買えなかった」と、後悔することがないように、ぜひ早めのご購入をご検討ください!!


サイズ

A3(函入)・72頁